【作家の値うち】村上春樹『騎士団長殺し』(2017)
Published by
Hanadaプラス

67点 4巻が致命的に弱く、作者が作品に無惨に敗れた画家が主人公で、対象となる人間存在に肉薄する肖像...

▶︎続きを読む

いいね!でfacebookページをフォロー

新着ニュース